女子必見のスキンケア情報サイト6選☆

TOP > スキンケアの豆知識 > 美白のためのスキンケアは夏限定ではなく年間を通して必須

美白のためのスキンケアは夏限定ではなく年間を通して必須

美白と言えば夏のものというイメージが強いですが、美白のためのスキンケアは夏限定ではありません。
日差しが強くなり夏が近づいて、はじめて美白のケアを始めるのではなく、年間を通して美白ケアは必須です。
真夏でもない秋や冬にも美白ケアというのは、日差しも弱く必要が無いように感じますが、紫外線は秋でも冬でも降り注いでいます。
気温も上昇をする真夏以外の季節にも、美白ケアを怠らずにするのは、あらかじめの予防のためです。
弱い日差しであっても紫外線には変わりがなく、肌を直撃するダメージの蓄積は、予防無しでは後が大変になります。
秋も冬も紫外線が燦々と降り注ぐので、美白ケアなしでいれば肌はくすみやすくなりますし、シミにもなるので油断大敵です。
真夏ほどの強い日焼け止めクリームではなく、マイルドな数値の日焼け止めを使うなど、季節に合った美白ケアをとり入れます。


白い肌を保つための美白のスキンケアは、とにかく美白化粧品を付けておけば大丈夫と考えがちですが、美白化粧品だけで安心は禁物です。
日本女性のきめが細かく白い素肌は、世界からも絶賛されるほどの美しさですが、半面でデリケートな肌でもあります。
確かに美白化粧品を使うことで、肌を白く保つお手入れにはなりますが、美白は美白がメインであり、保湿という面では若干弱めです。
真夏は皮脂や発汗で肌はベタベタするものの、室内はクーラー全開ですから、肌は真冬レベルで乾燥をしやすい状態になります。
発汗が多くてうるおいにも満たされているはずの真夏は、冷房の影響を受けやすいですし、乾燥で肌のバリア機能が低下をするので、夏の強い紫外線の影響を受けやすいです。
美白化粧品を使うのと共に、保湿性が高い化粧品も、肌の状態を見ながら併用すると、肌は良い状態を維持しやすくなります。


ブロンズ肌は真夏の女子の特権ですが、近年では真夏でも絶対日焼けはしない女子も増加しています。
日焼けはしてから美白ケアをすればよいという、安易な考え方で、真夏の日差しの下へ繰り出すのはタブーです。
最初からブロンズ肌を目指す女子ならばまだしも、肌の白さをキープしたい女子であれば、日焼けしたあとで美白ケアをすればよいというのは安易な考え方になります。
白い肌をキープするためのスキンケアは、日焼けをする前から行っておくことです。
特に大人になってからの日焼けは、メラニンの蓄積でシミになりやすいですから、強い日差しの中へと出かけるなら、完全なるUVカットのケアをします。
長年浴び続けて蓄積されたメラニンは、だんだん表面化してシミなどになるので、とにかく毎日美白ケアをすることです。

次の記事へ

TOPへ