女子必見のスキンケア情報サイト6選☆

TOP > スキンケアの豆知識 > 毛穴汚れまでオフするスキンケアのためにホットタオルを活用

毛穴汚れまでオフするスキンケアのためにホットタオルを活用

10代の思春期は過ぎ去っているのに、肌のオイリーな状態が気になるとか、寒い冬の時期は肌の乾燥が激しいのに、真夏にはオイリーになるなど、脂性肌でお悩みを抱える人も少なくはないです。
真冬よりも真夏にオイリーが目立ちやすくなるのが、発汗と皮脂で皮膚が広がることが理由になります。
思春期のオイリーはもはやお約束のようなものですが、皮脂腺は思春期に急激に大きくなので、皮脂分泌は活発化して脂っぽさが増しますので、多くの人が体験することです。
それ以降もオイリーが続く場合は、化粧品や生理ともかかわりがあります。
オイリーで悩むならばスキンケアでは、洗顔を1日に2回は丁寧にすること、化粧品は油分が多いものを中心にするのではなく、水分補給をメインにすることです。
化粧水を多めに使うと良いのは、オイリーな肌は乾燥をしているためであり、最後に乳液などで仕上げます。


洗顔をして化粧水を付けたら、それで終わりというお手入れだと、逆に肌が乾燥をしてしまいます。
顔を洗って汚れと一緒に、水分や美容成分は流れやすいので、化粧水での水分チャージは必要ですが、水分である化粧水は、それだけだと浄月をするからです。
たっぷりと浸透をした化粧水の成分は、油分という膜がないことには、蒸発をする運命にあるので、さらに肌は乾燥をすることになります。
肌に化粧水を馴染ませたら、次のスキンケアのステップとして、必ず乳液や美容クリームを使用することです。
化粧水のあとに美容液を使ったり、シートパックを使うのも用意方法ですが、いずれにしても乳液や美容クリームを使うようにします。
たっぷりの化粧師で水分を補うことができた肌表面に、油分を含むコスメをのせることによって、水分は逃げられなくなるので、肌はうるおいを持続させやすいです。


スキンケアでは肌の汚れを落とすことが大事ですが、強い力でゴシゴシと肌を洗うのは肌負担が大きいです。
毛穴の奥に詰まった汚れまで落としたいのであれば、肌を暖めてあげるのが負担のない方法であり、ホットタオルを使います。
清潔なタオルを水で濡らして固く絞り、電子レンジで加熱をすると、あっという間にホットタオプの完成です。
加熱をしすぎるとタオルが熱くなるので、手のひらでタオルの温かさを確認して使用するようにします。
鼻の部分は避けて、上手にホットタオルを顔の上にのせたら、しばらくそのまま放置です。
心地よいホットタオルの温かさが感じられますし、水分と温かさで毛穴が自然に開きます。
毛穴が開くので汚れも浮き出しやすくなり、その後のクレンジングや洗顔では、強い力を入れる必要がありません。

次の記事へ

TOPへ