女子必見のスキンケア情報サイト6選☆

TOP > スキンケアの豆知識 > 朝のスキンケアのラストにはUVケアを忘れずに

朝のスキンケアのラストにはUVケアを忘れずに

肌の衰えは加齢だけのせいではなく、実はもっと大きな悪影響をもたらすのは紫外線です。
シミやしわは年齢によるものというのは正しくはなく、どちらかと言えば紫外線の攻撃によるものであり、日頃のUVケアが重要になります。
日焼けをしてから美白のスキンケアをするのではなく、年間を通して紫外線から肌を守るお手入れをすることです。
真夏シーズンには売れ行きが一気にうなぎ上りになる日焼け止めクリームですが、肌をいつまでも白く若く維持するためには、年間を通して日焼け止めクリームは欠かせません。
太陽の紫外線は季節などは関係なく降りそそいていますし、考えているよりも紫外線は強力です。
無駄に肌老化を進めないためにも、季節がいつであっても日焼け止めクリームを愛用すること、美白ケアを徹底してやっていきます。


ビタミンCは美容の王道の美容成分であり、スキンケアコスメでも昔からキング的な美容成分として存在をしています。
美しい肌にはビタミンCの力が欠かせませんが、化粧品でのビタミンCの力だけではなく、内側からもビタミンCの力には役立ってもらうことです。
スキンケアでもビタミンの成分をとり入れて、普段の食事でもたっぷりのビタミンを摂取するようにします。
水溶性ビタミンですから、食べ物やサプリで摂取をしても、必要以上は出て行ってしまうので、食事のために食材に含まれているのが理想的です。
サプリメントでの摂取もできますが、健康食品は形状を整えるための添加物を使用するので、やはり新鮮な即座胃から摂取をしたほうが肌と健康のためになります。
新鮮な旬の野菜や果物を、意識的に食べることにより、ビタミンCは豊富に摂取が可能です。


朝のスキンケアとして保湿ケアをしたら、最後に欠かせないのがUVケアです。
化粧水や美容クリームでしっかりとうるおいを閉じ込めたら、ラストステップにはUVケアをしま巣が、年間を通して行います。
夏だけ太陽の紫外線があるわけではなく、紫外線は年間を通して休暇なく降りそそぐので、1年を通してUVケアは必須です。
紫外線は春でも冬でも降り注いでいて、UVケアなしだと乾燥やシミなどの減温になります。
帰宅後にはメイクを落としますが、UVクリームだけの日でも必ずオフをすることです。
日中は紫外線から守ってくれる成分も、1日の時間が終わったら汚れと共に酸化しやすくなるので、洗顔でしっかりとUVカット成分もオフをします。
そのうえで保湿性が高い基礎化粧品でスキンケアをすること、美白目的だったら美白化粧品を使ったお手入れもすることです。

TOPへ