女子必見のスキンケア情報サイト6選☆

TOP > スキンケアの豆知識 > スキンケアの中でも大事な美容液は期限を守り使用を

スキンケアの中でも大事な美容液は期限を守り使用を

肌への美容成分を惜しみなく入れるスキンケアには、美容液でのステップは欠かせません。
毎日のお手入れにも取り入れたい美容液は、保存状態も少しだけ意識して、温度が急激に変わる高温な場所には置かないことです。
窓ガラスからの直射日光が直撃するような場所は向いていませんので、ほかの基礎化粧品と同じく、涼しくて温度も高温にはならない場所を選びます。
化粧水や美容クリームもそうであるように、高温多湿な環境は基礎化粧品には似合いませんので、涼し場所で保管をすることです。
開封をした美容液は何年も保管して良いものではなく、一定の使用期限がありますので、その期間に使いきるようにします。
購入をした美容液の箱や説明に記載がない時であれば、まだ開封をしない状態で目安は3年間です。
未開封では3年間ですが、すでに開けた美容液は早めに使い切ります。


会社のある日は朝のスキンケアもメイクも欠かせませんが、週末や長期休暇の時には、基礎化粧品もメイクもお休みしたくなるのが女子心です。
ファンデーションやメイクアップ化粧品は、キレイに見せてくれますが、肌にとっては大きな負担になります。
休日で出かける予定が無いのであれば、メイクはお休みの日にしてあげたほうが、肌のためには優しい選択です。
ですがスキンケアに関しては、休日であってもメイクとは異なり、肌には施してあげたほうが、良い肌の状態を維持しやすくなります。
素肌の基礎的なお手入れは、不要な汚れを落として、必要な成分を維持することで、肌の良い状態を維持することができ織る方法です。
休みの日は顔も洗わず化粧水や乳液も全くノータッチのままだと、肌にはホコリや皮脂汚れがそのままの状態ですし、乾燥もしやすくなります。
シンプルケアで良いので、休日でも洗顔に化粧水や乳液など、基本のスキンケアはすることです。


ほとんどの女子が肌の乾燥には悩まされた経験を持ちますし、続行して肌が乾きやすいことで悩む女子も少なくはありません。
肌のハードな乾燥を助けてくれることとして、エステサロンでのフェイシャルエステは救世主のようなお手入れです。
ですが毎日エステサロンでフェイシャルエステを受けるわけにはいきませんし、フェイシャルエステの効果はもって3日ほどですから、特別なお手入れになります。
乾燥しやすい肌に必要なのは、日頃のスキンケアであり、乾燥をしやすいのであれば、今までの倍の水分補給をしてあげることです。
洗顔をして化粧水を肌に塗布するとき、1回で終わらせないで、肌の状態を手のひらで感じながら、数回の化粧水の塗布を繰り返します。
やがて手のひらが肌に吸い付くレベルになったら、美容液と美容クリームで仕上げることです。

次の記事へ

TOPへ