介護用品がある生活 介護用品と共に
  • 介護士の歴史

    介護士とは介護福祉士の事を言います。

    身体に障害がある人や、精神的に障害がある人、高齢者への入浴や食事、排泄に関する直接的な介護を行ったり、介護を受けている人からやその家族からの相談を受けたり指導をしたりすることが主な仕事となっています。

    1987年に制定された法律と共に誕生した仕事となります。現在は40万人以上の資格を持つ人が存在しており、高齢化に伴いニーズが高まっています。

    「介護」と呼ばれる仕事が今では当たり前の様に存在していますが、その言葉が誕生したのはまだ40年ほど前の話です。

    1963年に制定された老人福祉法。

    その後、特別養護老人ホームが誕生しました。

    その時は家族に変わって身辺の世話をする人のことを「寮母」と呼んでいました。

    そしてその寮母の業務のことを「介護」と呼び始めたのが言葉の始まりと言われています。

    そして介護に携わる人間は、介護をされる側の健康状態や精神状態を考慮して、専門的で正しい知識と技術が必要とされる様になりました。

    1970年代以降の高齢化も相重なって、今まで以上に専門的な知識が、判断能力が必要とされるようになり、介護福祉士と呼ばれる国家資格を持った専門職が誕生しました。

    介護士の人々は当然の事ながら専門知識や技術が必要とされる様になり、医療以外にも、生活に関する全般的な知識が求められるようになりました。

    国家資格としてスタートし時と比べても、様々な環境の変化に伴いニーズも繁華し続けています。

    しかし介護士の現状はとても深刻な人手不足です。

    労働条件の厳しさから離職する人が多く、適切な介護が行き渡っていないと言う人もいます。

    給与面、待遇面、業務内容、全てにおいて自分の考えていた以上に過酷と感じたり、力を使うことが多い仕事のために、身体を痛めてしまい離職する人もしばしば見受けられます。

    介護施設にしても、資金が豊富ではない施設が多く、更には高齢者の数に対しての施設の数が足りていないのが現状です。

    40万以上もの高齢者が入居待ちになっているのです。

    もう少し国が高齢化について、高齢者について深く考え、取り組むことが出来れば問題を解決出来る可能性もあると言われています。

    資金がなければ介護用品も充実しておらず、結果的に介護士の負担が増え、離職に繋がるといった負の連鎖も生み出されています。

    「介護先進国」

    と世界から言われる為には、国全体、国民全体が介護について考えなければいけません。

    入居する費用が用意できなかったり、入居待ちの人が孤独死をしてしまう事例もあります。

    便利な介護用品があるのだから、施設や設備投資にもう少し力を入れて欲しいですね。

    No Comments