介護用品がある生活 介護用品と共に
  • 世界の動物愛護事情

    動物虐待先進国と言われる現代の日本。

    産業では世界のトップを走る日本ですが、「命」では世界のトップからかけ離れています。

    犬をテーマに書いてみたいと思います。

    私たちの生活と密接して存在する犬。

    日本では犬を「ペット」と呼びますが、海外では「家族」「パートナー」という人がほとんどです。

    どうしてもペットといった言葉に私自身も慣れる事が出来ません。

    何か動物を下に見ている気がして、道具として見ているようで良い気分にはなれません。

    それをエゴと言われるのならばそれは仕方がないと思います。

    そう思う人々に問いたいことがあります。

    あなたは日本の動物愛護に関する考えや、現状をご存知ですか?

    世界の動物愛護事情をご存知ですか?

    動物にも介護用品があるのはご存知ですか?

    恐らく多くの愛犬家がNOと答えるはずです。

    「可愛い」「欲しかったから」「寂しいから」

    様々な理由があると思います。

    しかし、先進国では動物と暮らすために様々な規約があります。

    もちろんペットショップではなく、施設で保護されている子を引き取るのが常識です。

    「買う」や「飼う」ではなく、家族の一員として「暮らす」のです。

    年間40万匹が殺処分されている日本。

    国が違えば殺処分ゼロの国もあります。

    こんなに大きな差があるのにまだ日本は殺処分ゼロにはなりません。

    「可哀想だ」

    と思う人がいるのならば、ペットショップに対して反対運動が起こるはずですし、動物にお金を出して購入するのではなく、里親になるために施設から引き取る人がもっと増えるはずです。

    日本には動物を守るしっかりとした法律もなく、形だけのもの。

    人を殺せば大罪として罪が問われますが、動物を殺しても大きな罪に問われません。

    食物連鎖がある限り、人間に食べられる動物ももちろん存在します。

    生きるためには仕方がないこともあります。

    しかし、何の罪もない動物を殺し、虐待し、捨てる人間が後を絶たない。

    殺処分も止まらない。

    先進国では施設に保護されている動物が引き取られる確率が9割以上あると言います。

    日本では保健所に連れて行かれた犬猫はほとんど殺されています。

    ゴミを捨てるかのように次々に殺され、中にはガスで死にきれていない状態で焼却されてしまう子もいます。

    それでも絶える事のない殺処分。

    動物虐待先進国と言われても仕方がないはずです。

    高齢化する動物達。

    介護を必要とする動物達。

    介護用品が重要視される今の時代、もっと命に対して真摯に向き合わなければいけません。

    良い事ばかり発信するのではなく、悪い事も発信しなければ気づかない人もいます。

    知ることで助ける事が出来る動物もいます。

    助け合いの心がある日本人ならきっと動物愛護について理解が出来るはずです。

    殺処分数ゼロの国になることを願います。

    No Comments